ソイルテクニカ
全般 総務課
03-5644-8580
大阪営業所 流動化処理土
06-7711-5227
大阪機械センター
0748-75-8145
東京機械センター
0280-92-0300

コンポーザー(打ち戻し式サンドコンパクションパイル工法)

コンポーザーは、振動する中空管を用い、貫入、引抜き、打戻しを繰り返す「打戻し式施工」によって、軟弱地盤中に径の大きいよく締まった砂杭を造成し、地盤の安定を図る工法で、サンドコンパクションパイル工法の代表的な工法として最も多く用いられています。この工法は、当社が世界で初めて開発、実用化した工法で、世界各地で採用され、パイル延長38万kmの施工実績があります。

評価取得技術1989年9月 (社)土質工学会 技術賞「低置換率SCP工法現地実証破壊試験工事」

工法の特長

  • 幅広い適用地盤
  • 幅広い改良目的
  • 確実なコンポーザーパイルの造成
  • 信頼性の高い施工管理と品質管理
  • 液状化対策に実績No1
  • 大水深大深度の施工が可能
  • 経済的な施工法
  • すぐれた汎用性
  • 建設副産物の有効利用が可能

動画